HOME > その他 > 40歳 女性 歯医者に行ったあと頭痛と肩こりが酷くなる

症例報告

40歳 女性 歯医者に行ったあと頭痛と肩こりが酷くなる

2010.01.16

カテゴリー:その他 » 顎関節症

2年前から歯の矯正を始めました。元々デスクワークも多く肩こりもちでしたが、歯医者に行った翌日から数日は頭痛と肩こりが酷くなります。歯がある程度動いて、歯にかかる力が弱くなると大分落ち着くのですが・・・。 酷い時は顎関節もかなり辛くなって、口も上手く開けれない状態でした。今は矯正も落ち着いてきてひどい頭痛はなくなりましたが、相変わらず肩こりはひどい状態です。


<初診時の症状>
①右側の首から肩にかけてのこり(特に右側)。
②顎関節が辛くなると口が開けられない。
③頭痛。
<施術後の経過>
カイロプラクティック治療のスケジュールを歯の矯正の予定と連動させ、月1、2回(2週間に1度)を目安としました。カイロプラクティック治療内容は背骨の矯正と、ストレッチや緩和操作による筋緊張の軽減が中心です。ある程度、矯正が進むにつれて歯にかかるストレスが変わってくるのでカイロプラクティック治療の間隔もそれに応じて対応しています。もうすぐ矯正の第一段階が終わるので負担も大分減るでしょう。以前のような月1回のメンテナンス治療に戻る日も近そうです。
担当カイロプラクターのコメント>
この患者さんは数年前からカイロプラクティック治療を受けています。最初に来院された時の主訴は頭痛でした。元々肩こり持ちで、長時間のデスクワークと姿勢の悪さが原因でした。初回のカイロプラクティック治療で頭痛は改善し、その後5〜6回で肩こりの状態も良くなりました。それからは徐々にカイロプラクティック治療の間隔を延ばして、月に1回程度のメンテナンス治療を行っていました。ところが、2年前から歯の矯正を始めると状態が一変しました。矯正や通常の歯の治療などが頭痛や肩こりを起こす事は非常に多く、今回のケースもその典型的なものといえます。矯正器具の調整をした後は、歯にかかる力が強くなります。その為、どうしても常に歯を食いしばってしまっていました。その結果、口を閉じる筋肉がかなりの緊張状態にありました。また痛みのために肩をすくませながら歯を食いしばっている為、顎を突き出すような姿勢が強調されて首の関節の動きが悪くなり、後頭部の筋肉も強く緊張していました。複数の要素が重なり合って姿勢がさらに悪くなり、首から肩にかけて痛みや凝りが酷くなっていました。
肩こり 江戸川区

ご予約・腰痛・肩こりなど痛みに関するご相談は、葛西ボディケアセンターへ

ロッテ葛西ゴルフ2階。ボディケアと酸素カプセルだけのご利用OK!(駐車場無料)

ボディケアと酸素カプセルなら、葛西ボディケアセンターへ!直接お越し頂いても結構ですが、ご予約頂きますとお待たせせずにご案内出来ます。(ロッテ葛西ゴルフ練習場2階 »MAP

03-5658-8189

【ボディケアの受付時間】
月-金 11:00-20:00(最終受付)
土日祝 9:00-20:30(最終受付)

来店前にチェック!キャンペーン実施中
  • ゴルフ大好き!スタッフブログ
  • スタッフ募集中

ロッテ葛西ゴルフ場内、葛西ボディケアセンターへのアクセス

地図

■葛西ボディケアセンターへのアクセス

〒134-0086
東京都江戸川区葛西臨海町2-4-2
ロッテ葛西ゴルフ練習場内
電話:03-5658-8189/ご予約優先

■ボディケアの受付時間

月〜金 11:00-20:00(最終受付)
土日祝 9:00-20:30(最終受付)

関連施設のご案内

A.Life 神谷町

A.LIFE神谷町プラス

東京都港区虎ノ門
  • マッサージ
  • カイロプラクティック
  • 鍼灸
  • 酸素カプセル
カイロプラクティック新御茶ノ水外来センター

カイロプラクティック
新御茶ノ水外来センター

東京都千代田区神田
  • カイロプラクティック
東堂カイロプラクティック

東堂カイロプラクティック

大阪府箕面市
  • カイロプラクティック